Raspberry PiでWebサーバを構築してみた

3千円強で買った、ちっせーパソコンにWebサーバを構築したメモ
子供にレゴブロックでケースを作ってもらった


・パッケージ更新
 sudo apt-get update
・Apache インストール
 sudo apt-get install apache2
・PHP5 インストール
 sudo apt-get install php5
・MySQL インストール
 sudo apt-get install mysql-server
・PHP関連追加インストール
 MySQL関連
 sudo apt-get install php5-mysql php5-curl
 GDです。画像を扱う場合必要です。
 sudo apt-get install php5-gd
・現行自宅Webサーバからプログラムおよび、DBの移行
・各種設定ファイル修正
 Apacheの設定ファイルはこれ
 /etc/apache2/apache2.conf
 Apache再起動
 sudo /etc/init.d/apache2 restart
・パフォーマンスをあげるため、グラフィックに使用するメモリを減らす
 sudo cp /boot/arm224_start.elf /boot/start.elf

以上で、現行Webサーバと同じものが出来上がりました。
我が家のWebサーバでは、
Wiki(MediaWiki)、Xoops、WordPressが動いてるのですが、
wiki(MediaWiki)と、wordpressについては移行したまま問題なく動作しました。
Xoopsで構築したものについては、色々と問題が発生しています。
ある部分の日本語文字だけが表示されないとか。。。
まあこんなものはもう少し調べれば解決できそうなものですが、
大問題なのが、力不足でパフォーマンスが悪すぎってところです。
とにかくページ表示が遅い。遅すぎ。
こんな小さいPCですからある程度は予想出来ましたけどね。

まだまだ現行サーバと入れ替えることは出来そうにありません。

追記
※当ページを御覧になる方が多いのでRaspberry Piで実際に動作するWikiを公開しました。



さらに追記
※Webサーバを再構築したらスゲー速くなりました。


さらにさらに追記
Xoopsも公開してみました。

最近はAmazonでも購入できるようになったんですね。
書籍なども色々発売されるようになってきたようです。

New Ful Bari(ニューフルバリ)のカレーは美味い

こどものピアノ教室で月に2回は行く椎名町
ここにインドカレーの店があります。
8年も椎名町に通い続けてるのに最近初めて食べました。
美味い、辛い、安い、おっちゃん面白い。
ランチですが、サラダ、カレー、ナンまたは米食べ放題、ドリンクで830円

この時はナンを食べましたが、焼きたてでまあ美味しいこと美味しいこと。
結局2枚食べてしまいました。
これからは毎月1回通うぞ。

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)が到着

超低価格で名刺サイズのパソコン、ラズベリーパイが本日到着。
3月6日に購入予約登録したので5ヶ月弱といったところ。
6月20日に注文連絡があったので速攻で注文して、PayPalで支払ってからは約1ヶ月
7月25日にイギリスのバーミンガムから発送され、本日7月28日に佐川急便にて届きました。
送料込みで3438円なのに、空輸で3日で届くとはゴイスだ。
良く使うDealExtreamは送料無料なのだが船便ということで待てど暮らせど届きません。
荷物の配送状況はDHLにて事細かに確認できます。

早速開梱してみた。しっかりした箱とスポンジの緩衝剤で梱包されてます。

ちっせーほんとにちっせー

我が家ではこの名刺サイズのパソコンがWebサーバーとして活躍する予定です。
電気代が安くなる事を期待して。
現在のサーバもASUSのネットブックだからそれほど高くないけどね。

さあ早速OSのインストールをしたいところですが、
USBのキーボードも無いしHDMIケーブルも無いのでどうにかしなきゃ。
筐体は子供の夏休みの工作のついでに作ってもらおうかなぁ

iOS5.1.1 iPhone4をAbsintheで脱獄したけど疲れた件

iPhone4でiOS5.1.1にて脱獄した時に今までに無い苦労をした。

本日、iOS5.1.1で紐なし脱獄が出来るAbsintheというツールが出たので
早速実施してみた。
が、なんどやってもエラーが出て脱獄できまへん。
そこで、色々なサイトを調べたところ、
「iTunesで復元(初期化)してから再度Absintheで脱獄しろ」と書いてあったので
ほいほい、とiTunesにて復元してから再度実施しました。

するとAbsintheさんからこんなメッセージが。
「あんたのiPhoneのバージョンは対応してへんので脱獄できんわ。すまん」

なんだーこのメッセージはーどうなってんねーん
で、色々調べたところabsinthe-win-2.0.1\dataのフォルダの中に
9B206ってフォルダがあるんですよ。
で、おいらのiPhone4の設定からバージョンを見たらiOS5.1.1(9B208)ってなってんの。
もしかしてこれかぁぁぁー

苦節5時間の末、おいらのiPhone4はiOS5.0.1に戻しましたとさ。。。。
さあ、これからどうしよう。iOS5.0.1のままで再脱獄するか、
9B206でiOS5.1.1にしてAbsintheさんで再チャレンジするか。。
あー今晩寝られるのかな。

これからiPhone4にてiOS5.1.1にするひとは、必ずこちらの9B206をダウンロードして
更新しましょう。
iTunesの更新ボタンをShiftキーを押したまま押下して、
ダウンロードしたファームを指定しましょ。

追伸
一度iOS5.0.1に戻してから、再度iOS5.1.1(9B206)にしてから最脱獄したところ
なんとか無事成功しますた。ただAbsintheを2回実行する必要がありやしたね。
他の方のサイトではそのような事例は見つからなかったのになぁ
参考までに本日の脱獄までの道のり
13:00 脱獄済みiOS5.0.1⇒バックアップ後、iOS5.1.1(9B206)に入獄更新
14:00 Absintheにて脱獄を試みること三回。すべてExeが途中で落ちて失敗
   (脱獄のプログラムをiPhoneに流し込んだ後にこける)
17:00 iTunesにて復元(初期化)⇒iOS5.1.1(9B208)になってしまい
    Absintheに「そんなバージョンしらんわ」と怒られ脱力感いっぱい
19:00 保存してあったSHSHにてiOS5.0.1にダウングレード
21:00 5.0.1のままで再脱獄するか、再度iOS5.1.1(9B206)に更新してから
    Absintheで再脱獄するか悩むが結局後者を選んで、アップグレード
22:00 Absintheにて脱獄開始⇒20分後に先ほどとは違いプログラムを流し込んだ後に
    処理が続行して終了
    ⇒終了するも、「準備が整ったからもう一度このプログラムを実施してちょうだい」
     みたいなこと言われる
22:30 iPhoneを念のため再起動し、再度Absintheを起動し実行。
    ⇒20分後に、終了 Done! enjoy!

ようやく来たーCydiaアプリがお目見えしました。あぁ疲れたぜぃ

さらに追伸
Absinthe v2.0.2にてiPhone 4 iOS 5.1.1 9B208に対応したので
もう大丈夫。

価格.comのショップレビューを信用するなってことよ

ネット通販するときに必ず見るサイトが価格.com
基本的に価格とショップの評価などをもとに購入するショップを決めるのだが
先日注文したいーでじというショップは酷かった。
在庫有りで注文したのに1週間たっても発送されない。
状況をメールで確認したところ、「入荷待ち」とのこと。。
なんで?在庫ありで注文確定し、即カード決済しているのに。
こちらから確認するまでは何も連絡なしのほったらかし状態。
ほったらかしの間に他のショップがより安値で販売を始める始末。。。。

ん?そういえば価格.comのショップレビューは最高に良かったよな?と思い出し再度見てみました。
「またこのショップを利用したいですか?」93%
う〜ん評価高いよな〜と思いつつ他のショップの評価などを見てあることに気がつく。
いーでじは過去6ヶ月間の投稿数が他のショップに比べ異常に多いのである。
おいらが見た時点ではAmazonの評価数より約10倍ぐらい多い。
あらゆる商品でいーでじが最安値であるならこのぐらいの差が出ても良いと思うのだか
それほど価格が安いこともない。
Amazonでさえ半年に約250件しかレビュー投稿されないのに、いーでじは半年で約2800件て・・・

結局のところ何が言いたいかというといーでじのショップレビューは
ほとんどがさくらレビューのようなものと思われる。
必死で社員が高評価のレビューを投稿しているのではないかと予想できる。
内容をコピーしてしまったのか、ほとんど同じようなレビューを見かけたこともあったような気がするし。

おいらと同じような目にあった方が投稿していると思われる評価の低いレビューは
そのほとんどがさくらレビューらしきものにより埋もれてしまう。
レビューなんてもんはすべて鵜呑みにしちゃあいかんてことよね。